国際婚活女子のわたしがオススメする英語ブラッシュアップ法を紹介します。

国際婚活していると、一定レベル以上の関係にすすんでくるともっと英語話せるようにならなきゃダメだな・・って思うこと多いです。国際結婚している方皆さんが揃って口にするのは英語の勉強に終わりがない、ということです。

でもイマイチ使える英語、正しい英語、実践的な英語が学べているのか実感がないという方はいませんか?

私自身、英語で話すことはだいぶ躊躇しなくなったが文法がめっきり苦手です。

文法ができていていなくても読む・聞く・話すはだいたい話が通じるのですが、「書く」となると苦手意識が急上昇します。

これまで私は高校で使った「Forest」「Grammer in Use」の2冊を一通り。いや、何度も説いていますがなかなか身につかないんです。

そこで勉強法をおもいっきり変えることにしました。

グラマー単発に時間を費やすことをやめました。興味のあるそれほど長くない記事やコラムを見つけては、冠詞に○を書いていったり、複数形には下線、時制の単語には蛍光マーカーといったように印をつけていきました。そしてなんでここに”a”がつくか分からなければ調べる、という手法です。
時制にもマーカーしていくと、私なら現在形で表現してしまうところを、本だと現在完了形を使っていたりします。調べると意味は同じでも現在完了形の方が「臨場感がある英語になる」「文法的には間違っていないけど、現在完了形の方がネイティブっぽい」といった表現があるものです。

今ではネットを調べれば文法の解説をしているサイトは星の数ほどありますが、それでも私がおすすめする文法書2冊と、本・新聞を3種類紹介します。

ラダーシリーズ!

オススメ!リーエディング力も身につくし、簡単なレベルから始めると「英語の本が読めた!」という成功体験にも繋がりモチベーションがあがります。さらにオススメの購入方としては内容を既に知っている本を選ぶ。これめちゃくちゃ大事です。いくら簡単なレベルの本でも内容がイマイチよくわからないと楽しくないのです。楽しく読めて、勉強になる、インターミディエイトレベルの私でもレベル1から読んでいます。

NHKテキスト シリーズ

実践ビジネス英語、入門ビジネス英語、高校生からはじめる現代英語。もっと優しいレベルのシリーズもあります。このNHKシリーズのいいところは取り上げているテーマが日常のことである+ストーリーほど長くない点です。テーマの種類も社会問題からアメリカ選挙、科学など色々あるので、IELTSやTOEICの勉強している人にもオススメです。

The Japan Times

英字新聞です。電子版もあります。私もThe Japan Times Alphaを電子書籍で定期購読しています。気に入った記事だけピックアップして読んでいます。インターミディエイトレベルでも時事モノを読むって結構たいへんなのです。でもThe Japan Times Alphaの素晴らしい所はクイズがあったり、言えそうで言えない日常の場面を英語で表現コーナーがあったり、日記コーナーなど面白いコーナーだたくさんあるのです。特に日記なんかは「私ならこう書くけど、リアル英語はこんな表現するのね」という発見ばかりで勉強になります。

社会人なってそれなりに英語の勉強をしているのに、あるレベルで行き止まりになってしまっている、試験もなかなかスコアが伸びない、という方はいちからグラマーを復習するというより小さい読み物、簡単な知っている物語を読んで学習しているスタイルの方が効率がいいですし、実践的です。

私の中で超イチオシ!

文法を学ぶときって機械的に覚えるのはもう遅れているし非効率。なぜその名詞の冠詞はAなのかTheなのか、意味を理解すると面白いように文法の苦手意識が減っていく。特に、文法はそれなりに既に勉強した、という人はこれまでの勉強してきたことの点と点がつながっていく感覚を覚えると思います。問題集を解いていく、基本文を丸暗記して実践で応用していく、そんな勉強法はもう終わりです。

デイビット・セインさんシリーズ

何度も繰り返すが、それなりに英語に時間をお金を費やした人はおそらくまずまずの基礎はあるのだ。そうなると、文法的には会っているがネイティブはその時制は使わない、という表現は卒業したい。また、IELTSやTOEICを勉強したことがある方なら「時制」がどれだけ大事かわかると思う。英語は時制を3Dで話してこそ臨場感や情景が描ける。そんな時にオススメの一冊がこちら。

最後に、
ネイティブレベルになるまでは今回取り上げたように英文とその和訳がついているものをオススメします。たとえ知っている単語でも「こんな意味もあったんだ〜」「慣用句で使うとこんな便利な表現になるんだ〜!」というのはよくある話です。そんな経験から一定の英語力がある人でも和訳がついたもの、更には文法解説、表現解説などがついたものが尚いいと思います。

PAGE TOP