留学、ホームステイお土産どうしよう、日本ぽいものがいいかなあ・・・。と悩む方が多いかと思います。そこでお土産を選ぶオススメを書いていこうと思います。

海外ではホームパーティが多い

海外ではホームパーティが盛んであることは聞いたことがあるとおもいます。

そんな時ゲストはお花、ワイン、果物などモノではなく消耗品や食品を持っていくのが主流です。なぜならモノというのはその人の趣味や嗜好による好みが大きいから。そういったものは、家のインテリアの統一感やデザイン性を損ねてしまう可能性があるから。

また、ホームステイを受け入れている家族が日本が大好きは分からない。日本人専門のホームステイを受け入れている家庭は聞いたことがありません。色んな国の留学生が数ヶ月単位でどんどん入れ替わります。そのたびに各国のお土産が溜まっていく・・。逆の立場だったら正直、置き場所・保管場所に困ります。

なので少し寂しい気もしますが「消耗品」が一番。

でもせっかくなら日本ぽいものがいいな

もしせっかくだから日本のものをとお考えでしたら、日本のワイン、日本酒、お菓子、文房具はいいかもしれません。ちなみに日本の文房具はかなり性能がイイ、ノートの書き心地も世界最高水準。海外では文房具って結構高いので結構嬉しがってもらえます。

日本でも引き出物や香典返しにカタログギフトをお返しすることが多いと思いますが、これも同様に好きなものを本人に選んでもらうものが一番だから。下手に自分がいいと思いものを贈るより、消耗品やお相手が好きなものを選んでもらう。

現代の若者が結婚式の引出物に新郎新婦の名前入りカップをもらったり、銀の鮭をもらって誰が喜ぶでしょうか・・・・。最近の小学生たちは誕生に何が欲しい?と聞くと「現金」というそうです。笑っちゃいますよね。でも大人もそう。もらって嬉しいのはモノではなく現金。現金では品がないので消耗品。

あとは消耗品に添える素敵な感謝の言葉

あっ、それと、日本人は言語の特性上から表情が乏しいと言われています。文化的にも歯を見せて笑うことも品がないとされてきました。また、言いたいこともはっきり言えない側面も持っていますが海外に出たらそれではいけません。素敵な笑顔とありがとうございます、料理がおいしいです、素敵な家ですねなどしっかり迎え入れて下さった事でのお礼を言ったほうがいいです。笑顔、ハッピーミッキースマイルの練習をオススメします♡

 

PAGE TOP