私って理想が高いでしょうか?と先日、国際婚活している仲間が吐露していました。

国際婚活に限らず、日本での婚活でも自分でそう思ったことがある、もしくは言われたことがあるという方多いんじゃないでしょうか。

現時点の私の考えでは、理想が高くてもいいと思うのです。

自分がどういう人間で、こんな未来を描いていて、こんなパートナーが いたら素敵だな、と自分にとって豊かな人生、幸せな人生を送りたいという願いから、あんな人がいい、こんな人がいいと考える。

 

自分に合った理想、条件を出すために結婚相談所の方のアドバイスは素直に聞く、

オススメの会員さんがいるのよ、というならば自分を知るいい機会になるので会うだけ会ってみる

 

自分にとって素敵な方、に出会ったときって、それまではNGとしていた条件がひっくり返ることがあります。

同じことをされてもAさんが気にならなくて、Bさんがすると不快に感じるということがあるように、自分で設けている条件や考えなんて案外適当だったりする

 

こんな風にひっくり返ってしまうような”譲れない条件”というのは、本当に自分に合った条件ではないということ。つまり、自分がパートナーに求めるべき条件、判断基準を自分が分かっていないということ。

例えば、とある会社があって、会社の海外進出の為に語学が堪能な人材を確保すべきなのに、情報処理に強い人材を採用してしまうようなものだ。たしかに、ITに詳しい人材も重要だが・・。という話になる。

つまし自分というものが分かっていないから、本当に自分に合った条件、求めるべき条件を出しておらず、故に「条件にあっているはずなのに何か違う、この人じゃない」となってしまう。仲人の方も「あなたの出している条件に合致しているのに、何が不満なの?」となってしまう。

なので、条件をつけることが悪いんじゃなく、ただ間違っているだけなのではないでしょうか。

 

そして何より、理想が高いとかしっかり条件を設けることが悪いと思わない理由は、国際結婚って自分への相当な覚悟を必要とされるもの、と思っているからです。

 

自分で納得した人、この人のためなら自分が頑張れる、自分で覚悟し”この人だ!”、と決断した人じゃな いと結婚後、自分が苦しくなると思います。国際婚活だからこそ、しっかりと条件を設定する、リレーションシップ、パートナーシップにおいて自分が大事にしている価値観が満たされる相手なのか照らし合わせる事が大事だと思います。

 

以前、海外に住んでいた時、沢山の国際結婚した夫婦に会いました。日本人女性、めちゃくちゃ強いです!!ちょっとやそっとのことでは動じない、異国の地で生きてきた経験の厚さが半端ない。

 

アイアンワンダースーパーウーマン!

 

でも今思うと、そうならざる負えなかったのかな・・と、そうなってしまったのかな・・と

自分の夢があるなら、理想が高くても、条件設けてもいいと思います。

誰でもいいってわけじゃない。 とりあえず外人と結婚できればいいってもんじゃない。

そして間違った条件を設定しない為にも Who you are? 自分はどういう人間かということをしっかりと探らないとですね。

 

若い方が「自分でやりたいことがわからない」と悩む方が多いのもこの自分がどういう人間か、がわからないからなんじゃ?とも思います。

自分を理解していないから、探すべき本当の相手を理解していない。

 

選択肢が多い、時代に生まれた一つのdownsideでもあるかもしれませんね。

PAGE TOP