こんにちは、あばです。

今日は、婚活して良かったなと思うこと について書きたいと思います。

婚活しててよかったなと思うこと、それはお金の勉強をするきっかけをくれたという点。

国際恋愛、国際婚活はとてもお金がかかります。

交際期間は日本とお相手の国を行き来しなければなりませんし、結婚後もvisaの申請にかなりの時間とお金がかかります。

*ちなみにオーストラリアの場合パートナービザ申請に約70万かかります。(申請代だけでですよ!)

もしお相手がアメリカの方との国際婚活を望むなら特にですが、歯列矯正や銀歯を白い歯に入れ替える事も視野にしれなければなりません。

結婚します、今日から海外移住ですとなっても仕事は?
英語が堪能でなければアルバイト程度の職にしかつけないでしょうし、まずは英語力を伸ばそうと思うなら、語学学校代もかかります。

本当にお金がかかるものなのです。

なので、私はコツコツ歯列矯正を始め、貯金をし、株をやり始め、安いオンライン英会話で一番重要であるスピーキング力を伸ばしていきました。特にお金に関してはこれまで全く無知だったがゆえ、いろいろな本を読みました。国際婚活していなかったら、お金について、学ぶことなく人生を過ごしていたと思います。

資産形成とはなにか? 株・投資信託とは?投資とは? 会計三票の読み方、お金持ちの方のお金に対する考え方、世の中のお金の回り方、お金があると幸せなのか?
マルチインカムを形成するのに自分に出来ることは何か?東洋経済、日経新聞オンライン、楽天web講演会、勉強会(楽天経済圏で生活しているので)への参加。

上記のようなことが書いてある本、講演会、新聞、雑誌、色々読んでいます。

マネーマネジメント力、マネーリテラシーがほぼゼロであった私には難読で、少しずつ無理のない範囲で情報収集しては実践と繰り返しております。

そして、これらお金の勉強のインプットだけでなく、もちろん実践してアウトプットもしています。もちろんその時は良いと思って買った商品も、さらに勉強していく内に失敗だったということもありますが、まあそれも含めて勉強と思って前向きに捉えています。

 

 

例えば、

ロバートキヨサキさんの「金持ち父さん、貧乏父さん」

今の年齢で読むと、衝撃。実は、私、大学生の時に買いましたが、当時の自分にはチンプンカンプンで、内容なんて全く覚えていませんでした。

今年になり、国際婚活を始めたことによって、また新型コロナでお家時間が増えたことにより改めて、自分でお金を稼ぐこと、お金について知識をつけることが大切かもと思い改訂版を再購入したんです。

もう、読み進めるほど心臓がドクドク。自分の資産形成の弱さ、無知さに 愕然としました。

私の両親は貧乏父さんの考え方で株はダメ!地元の銀行に預けておくのが一番、クレジットカードもその銀行でやっているものを作りなさい。クレジットカードは一枚で十分。欲を出さず、真面目に一つの会社に勤め上げるのが一番なのよ、という教えで30歳になるまで投資は別の世界の人がするもの、ギャンブル、危ないもの、という認識でした。

 

少し話はそれましたが、
もし、思い描いていた通り20代で結婚、出産、→ 夢のマイホーム〜!ってなっていたら・・・

改めて「金持ち父さん、貧乏父さん」を読むことはなかったと思います。

つまり、お金に対する考え方 新しい概念を 身に着けることはなかったかもしれません。

国際婚活していたおかげで勉強できたことです!

 

多くの方が感じているように時代の流れは本当に早くて、昔の考え方やみんなと同じようなことをやっていては通用しないことも増え、気づいたら自分がガラパゴス!なんてことも。

男女平等を唱えるのならば、わたしたちもそれなりに自分で自分の人生を切り開く力を身に着けなければなりません。

国際婚活するならば尚更、海外の男性は自立していない女性は魅力的に映りません。

もし今この記事を読んでいる方が独身ならば、この状況の利点(時間があること、お金に余裕があること)に目を向けて少しでもお金の自立にむけ頑張りましょうっ♪

PAGE TOP